Top
第七回 三曜会公演『鉢木』ART VIVANT COLLABORATION – 有限会社エクスプリム exprime inc.
fade
4528
post-template-default,single,single-post,postid-4528,single-format-standard,eltd-core-1.1.1,flow-ver-1.3.6,eltd-smooth-scroll,eltd-smooth-page-transitions,ajax,eltd-blog-installed,page-template-blog-standard,eltd-header-type2,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-dropdown-slide-from-top,eltd-light-header,eltd-header-style-on-scroll,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

第七回 三曜会公演『鉢木』

ART VIVANT COLLABORATION


「三曜会」の第一回公演から使用しているシンボルマークも、エクスプリムがデザインさせていただきました。
「三曜会」のシンボルマークは、三つの円と一つの正三角形で構成されています。それらが重なり合う中に浮かび上がるのは、裃をつけお辞儀をするひとの姿。皆様と共にこの会を大きく育てていきたいという佐久間様の願いを形にしました。

橋弁慶 紅葉狩  隅田川

葵上 土蜘蛛   船弁慶  邯鄲

 

能楽師佐久間二郎氏の主催する能の会のポスターとチラシを担当させていただくのは今年で7年目になります。
初回の邯鄲は写真を使用しましたが、2回目の船弁慶から今年の鉢木まで、現代版浮世絵を描き、デザインさせていただきました。
鉢木は、文字通り大事な鉢の木(梅、松、桜の盆栽)を旅の僧(北条時頼)をもてなすため囲炉裏に焚べてもてなすシーンがよく描かれますが、
今回は、「いざ、鎌倉!」の心象風景を焔に重ねて表現させていただきました。
どちらかというと前シテに重きを置かれ静かに演じられる事の多い曲ですが、佐久間さんの力強い後シテを期待しています。